So-net無料ブログ作成
検索選択

携帯小説について質問です。

秘書代行
よくよく考えればあの程度の作品を出版社が無料で書籍化するはずがないと思うんです。
ある程の資金は作家さんに負担してもらってるんじゃないのでしょうかね。
ケータイ小説本に関しては、基本的に“話題性”“ランキング”で出版する作品を選んでいます。
一時期ケータイ小説本がなぜあんなに売れたかというと、「ふだん本を読まない人々」をターゲットにしているからなのですね。
ふだん本を読まない人たちは、文章のひどさにあまり敏感ではありません。
文章の美しさよりも、「みんながもっている」「話題の作品である」「この作品を持っていることがファッションである」ということに価値を感じてケータイ小説本を購入します。

逆に言えば、そういう付加価値(この本を読んでさえいれば流行に乗り遅れない、友達と共通の話題で盛り上がれる、時代との一体感が持てる)がない本はたとえ文章が優れていようと買わないのです。


ところが出版社の人間は、いつも「文章が優れている本」を出してきたので「文章はイマイチだけど話題である、ファッションである作品」を選ぶ目を持っていないのですね。
なので仕方なく、ケータイ小説ランキングなどを参考に、人気の作品をセレクトして出版します。
その際、著者に費用負担を迫ることは基本的にありません。
ケータイ小説を読んで「あの程度の作品」と感じるのは、ふだんから本を読んで、優れた文章と接している人々です。
出版社の人間も基本的には「ふだんから本を読んでいる人々」であり、文章が優れていてなおかつ人の心をとらえる作品を出版したいと考えているのですが……近年、「ふだんから本を読んでいる人々」の人口は減る一方。
「ふだん本を読まないたくさんの人々」に向けた、文章力よりファッション性の本も出していかないと食べていけません。
そういうわけで、人気ケータイ小説の著者には十分な原稿料と印税をお支払いして本を出版させてもらいます。
費用負担をせまることは基本的にないのです。
なお、こういう現象は小説の世界に限ったことではありません。
「ふだんから優れた音楽に接している人々」は、歌唱力のないアイドルテレビでヘタクソな歌を歌うことに疑問を感じます。
けれど「そこまで音楽にこだわりにない多くの人々」は、たとえ歌はヘタクソでもかっこいい、おしゃれなアイドルのコンサートに惹かれます。

優れた音楽が好きな人からすれば、「よくこんな歌で舞台に立てるね」という感じですがコンサートをプロデュースする側からすれば、アイドル歌手は貴重なドル箱。


高いギャランティーを支払って彼らと契約を結びます。
費用負担を迫ることは基本的にないのです。
からの拾いモノ。
激戦コンペで叩かれてます。
雑誌携帯サイトの編集・ライターとしても活動。
絵本、観察日記、小説、書くこと全般、開拓中。
5歳と1歳の娘がいます。

が、なかなか自分の携帯小説を読んでくれる人が増えません。


これ以外に自分の「携帯小説」のアクセスアップ方法はありますか?少しわかりづらい質問ですが、回答お願いします。
なら、トガミックエクスチェンジを使用してはどうですか。
イラストもあるよ。
9.BB.bug:しゅりんかが書く『おお振り』『バッテリー』の野球関係小説イラストHP。
PC携帯サイト分かれてます。

自分の体験談を本にして色々な人に読んでもらいたいのですが、自費出版の費用がな.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。